ホーム > 日記 > こんにゃく

芋芋芋。

imoimoimoこんにゃくのこと、たまには書きます。(たまにじゃなかった。初めてです。笑)

こんにゃくって何やろ?って思うことがたまにあります。
こんにゃくつくってて、何を今更って言われそうですが、何なんやろ??と思うのです。
井手こんは通常こんにゃく芋を精粉にした状態で原料を仕入れています。

こんにゃく精粉をお湯に溶かし、撹拌して凝固剤を添加して、湯がくとあのいつものプルプルのこんにゃくができる訳ですが、何や?この粉は?となる訳です。粉ばかり見てるとそれがこんにゃく芋だという事をふと忘れてしまってる自分がいるのです。

こんにゃくはこんにゃく芋からできてる。そう、芋なんです。土のなかで育った芋があの独特なプルプルを生み出しているのです。
こんにゃく芋が原料として使える状態になるまで3年の月日がかかります。こんにゃく芋の赤ちゃんを春植え付けして、秋に収穫する。これを3度繰り返しようやく原料となるのです。

粉になるまでの過程を忘れないためにも、僕はこんにゃく芋が生の状態で保管できる期間は手づくりの生芋こんにゃくをつくるようにしています。

自分の手で芋の皮を剥き、心を込めて丁寧にすりおろし、育ててくれた生産者の顔を思い浮かべながら・・・

芋、芋、芋。