ホーム > 日記 > 2018 > 10月

くされます。

312F961F-11D7-4BE8-BA85-C644E272A98Cいきなりすみません。
かなりお久しぶりですが今回は日記に記したくなりましたもので
こちらから失礼いたします。
最近はというと、井手蒟蒻店のInstagramで蒟蒻とはあまり関係の無いことを
投稿して近況報告させていただいておりました。
主に毎日思っているたわいもない事を黒板に書いて更新したり、たべつむぎ豆腐店の注文を受けたりで、自称インスタグラマーとして、フォロワー様を着々と伸ばしておりました。←(ウソ、だいぶ伸び悩んでおります。もっとフォローしてくださいねーお願いしますよー笑)
さてさて、日記のタイトルですが、毎日黒板で数字の語呂合わせで黒板を書いてます。9.3.0で腐れます。

蒟蒻の賞味期限ってみなさん知っていますか?
こんにゃく業界では一般的に普通の板こんにゃく、糸こんにゃくで90日。約3ヵ月期限を設けています。
「なんで、蒟蒻は持つとね?何か(防腐剤)入ってるとやろ?」とかよくある質問なんですが、実の所は
灰汁水といって、蒟蒻の凝固剤を水に溶かした水溶液を蒟蒻に入れてパック包装しています。これは、うちのやり方なんですが昔ながらのやり方です。灰汁水を入れた蒟蒻を包装した後に加熱殺菌をする事で賞味期限が3ヶ月設けることができます。つまり、アルカリ性の蒟蒻が一番居心地の良いお風呂に浸かっているイメージで想像できますかね?アルカリ性に保つことがキモなのです。
もしも、上手く包装できなかったりすると蒟蒻も直ぐに腐敗してしまいます。
蒟蒻を保存する際にとても重要な役割を果たしているのが包装する事なのです。
包装する際に使うのが包装機です。
その包装機が丁度1週間前に故障しました。
そうです。いでこん大ピンチ!なのです。
父の代から使っている26年選手。メーカーに問い合わせた所、シーケンサーという部位がヤバいらしく、取りあえずその部分を送って下さいと。直ぐに郵便局へ。月曜日祝日だから火曜日着で。
その間、親戚の同業者にお願いして、包装機をお借りして蒟蒻の袋詰め。
火曜日のメーカーからの返答はあっさりと「シーケンサー壊れてますねー。」とのことでした。
ガーン!
シーケンサーって機械の脳みそのところなので、部品代も結構なもので、かといって
新しい機械は桁がちがうし。結局、部品を送ってもらってこちらの電気工事やさんに取り付けてもらう事になりました。待つと長い。昨日、やっと届いたシーケンサー。36C689F1-CCCF-4856-BC44-154E22C05C8F
届いたのが、15時すぎ。そこから、電気やさんが取り付け開始。
新たな取付作業とかがあったりして、途中に助っ人さんが1人増え2人ががりで気付けば21時過ぎ。
取り付け完了、いざ試運転するも、、ピクリとも動かない。
、、、終わった。

「明日また、違う者が来ますので」といって帰っていかれました、
井手こんに暗雲が立ち込めまくった土曜のよるー♪でした。
アヤノ母さんのため息。
きつかったなぁ。
半端なかった。

そして、日曜日の朝がやってきた。

ピンチヒッターの電気やさん。
正直、ごめんなさいだけど、期待はしてなかった。
一応、昨日の作業内容をお伝えして、ここと、ここを、代えられてましたよ。

ん、おじさんが動きが一瞬止まった。
「まさか、これじゃなかろうね」とブツブツいいながら。

ポチっと、触ったとたん
ピクリともしなかった包装機のベルトコンベアが動き出したー。

なんか、素敵すぎる日曜日のあさーやん!
みんな、バンザーイ心の中で10回はやってたんじゃなかろうか。^ ^

ということで920A7DA6-2C0F-45DC-A77C-703FEFE9446C
包装機復活致しました!
万津町内に広まった井手蒟蒻包装機故障問題。
みんな、心配してくれていたので先ずはヒイラギのはねさんに治ったのご報告。
ご心配をおかけしました!

今回の故障で感じたのがやっぱり神さまは居るんだなぁと。
たぶん、一度立ち止まらせてもらうことで、気づかされることがある。
当たり前なことなんて1つもなくいろんな人の助けがあって、自分たちは進んでいけるのだと。
同業者なのに、機械を貸してくれたり、夜おそくまで腹減った〜と言いながら作業をしてくださった電機やさん。
走って届けてくれたヤマトさん。

機械が動くって素晴らしい。

明日も蒟蒻が作れるぞー

さぁ、今年ラスト3ヶ月。

蒟蒻作りに精進だー