ホーム > 日記 > 2018年

THE 蒟蒻

664A69C0-C0FA-4BAB-9BE3-8F6A18F75C51
こんにゃくって何だろう?
この道もうすぐで16年になるが年々よくわからなくなる。
わかっているのは、蒟蒻芋という植物からできているということ。芋といっても蒟蒻芋そのものはそのままでは食べれない。エグミが強すぎて食べたら病院行き。

なのに、なぜ先人はこの食べれない蒟蒻芋を食べようとしたのか?このアクの強い植物を灰汁で取り除いて食べる方法を発見した。意味がわからないと思うが僕も意味がわからない。芋を、ペーストにして植物の灰を使ってあの蒟蒻特有の弾力のある食べ物?を作り出したのだ。

ゴツゴツとしたなんとも言えない蒟蒻芋からは想像もつかないプリプリとした弾力のあるこんにゃくを作り出した先人は天才だと思う。

先日、隣町の波佐見町で蒟蒻芋をつくられている生産者の所へ蒟蒻芋を分けてもらいに行ってきた。
この季節が芋の収穫の時期なので、毎年この季節になるとこんにゃくは蒟蒻芋からできているという確認作業をする為に生芋こんにゃくをつくるようにしている。

B509382F-EA9F-4487-AACD-7DCC5FD2CB67

きっと、益々謎が深まるばかりだろうな。

福だ!福だ!福田さんがGo!Go!と音立ててやって来た!

AA365965-EC35-4666-BECD-625BA835A9F4

みなさんの周りにもこういう人居るんじゃないですか?

いつも、にこにこ笑顔で明るくてこっちまで何だか元気にしてくれるような福の神のような人。

笑う門には福来るって言いますがこの2人見ていると
本当にそうだなぁと思うのです。

こちらはヒイラギのはねというお店のオーナー福田さんです。笑 ってる女性の方。そして、相方の剛くん。
Gくんのオフィスも併設されていますよー。

ハンドメイドのステキなアイテムをはじめ、
とにかく自然とニコニコになってしまうアイテムがいっぱい揃っています。40のオッサンも心弾むんですから!これ、本当の話。^_^
5815ED6E-9CC6-49C1-AF4F-EA5848661A2B
こちらのお店、元々井手こんが有る同じ町内、そう、今佐世保でイケイケの町、万津町にありました。
この度、11月10日に移転オープン!

移転先は
なんとなんと!我が町万津町、井手こんにゃく店の真横のビル2階に引っ越して来られたんです!

万津町から万津町。Polarisさんの横から井手蒟蒻店の横へ。

今思えば、以前のお店に引っ越して来られた時、
まだ、この辺はお店なんて数えるくらいでした。

ヒイラギのはねさんが来てからじゃないかな?
させぼ5番街ができて、この万津町にもお店が増えて賑やかな街になってきたような気がします。

とにかく、僕の下手くそな文章じゃ伝えきれないので
お店に来てください!

井手こんに寄るのも忘れないでねー

この前の移転オープンの時の様子をちらり。

お隣から出張!こんにゃく茶屋をやらせてもらいました。玉こんにゃくも完売で、さいごはみんなで玉こんにゃくで乾杯しました!
AECC21E9-B087-44AC-B81A-E20DA00A1ACD
6A5BBC72-57B3-4AE3-94BD-3CA8E8445F4E

これからも末永くよろしくねー

ビールはカンパイ!こんにゃくはカンバイ‼︎

イベント終了後の井手家の打ち上げは
「ビールは乾杯!こんにゃくは完売!!」が合言葉です。
まぁ、蒟蒻が完売した時に限るんですが。^^
イベントは蒟蒻の試合のようなものなんです。
学生の頃、バレーボールに打ち込んでいましたが、まさに、試合の時と同じ感覚です。
試合に向けて練習を積み重ねて、勝ちに行く。実はこう見えて体育会系だったんですよ。笑
蒟蒻のイベントも常に勝ち=完売を目指しています。

とかかっこよく言っていますが、実はこういう気持ちになったのは私の姉の影響なんです。
井手こんの次女は蒟蒻を売るのが好きで良くイベントの販売の手伝いをしてくれます。
僕がイベントに出店し始めた頃ですかね。
2日間あるイベントに手伝いに来てくれた時の事。
1日目の夜、姉の表情が何となく優れず、少し怒っているように感じたので、どうかした?と聞いてみたところ
姉は蒟蒻が完売出来なかった事にとても悔しくて腹を立てていました。その時の売り上げは準備した8割くらいは売れて、僕の中では、まぁまぁだったなと思っていて、次の日もあるし、明日頑張ろうと思っていました。でも、姉は違いました。
姉はあと少しを売り切れなかった事が悔しくてたまらなかったと。その想いを聞いたとき本当に度肝をぬかれました。2日目に井手こん初のイベントで完売達成することになるのですが、その時の達成感といったら涙が出そうになるくらい嬉しかった事を今でもはっきりと覚えています。姉は僕にその達成感を味わってもらいたかったそうです。計算(←足し算、引き算)はちょっと苦手な姉なんですが笑、販売能力はスペシャリストです。
イベントの最後の最後までお客さまに蒟蒻を紹介し続けます。何でそんなに頑張れるの?と聞いた事があります。姉はお客さんは何か買いたいとさ!
よく、イベント撤収時に限って、最後のお客さんが会場をひと通り周られる方がおるさねー。その時、みんな片付けて終わる雰囲気漂っているとき、その人は買うのが無かったら残念がらすたい。だけん、声ばかけるとさー。あと、あんた達が一生懸命造ったこんにゃくやけん。頑張って準備したやろ?そいけん、売らんばとさ!
ですって。素晴らしい姉なんです。(特にお釣りの計算はいつもドキドキらしいなんですけど。笑)

この時からですかね、僕も考えが変わったのは。
イベントは蒟蒻を売る為だけじゃなく、その背景も売らなくてはならないと思うようになりました。
井手こんは家族経営の小ちゃな蒟蒻屋です。
家族で蒟蒻つくったり、母がゆず味噌作ったり、友だちの健ちゃんがいつも手伝いに来てくれたり。FAD77EFD-3E26-4F3C-84FB-E0BDCEF97D09
そして皆さんに井手こんを食べて貰いたくて頑張っています。もっと言えば蒟蒻芋を生産者の方が3年がかりでつくっています。粉屋さんが製粉してくれたものを私達はこんにゃくに加工してみなさんにお届けしています。
たかが蒟蒻、されどこんにゃくなのです。
C506A54E-C1B9-42BD-8F33-C22D0149E1C4

もうすぐ、井手こんにとってのビッグイベントがあります。ナガサキリンネが11月3.4で長崎県立美術館で開催されます。姉も、健ちゃんも今から張り切っています。
さぁ、心を込めて蒟蒻造りに励んでますよー。
最高のビールを飲むために。
E6F14462-34BA-4354-BFB3-FFE05F2FB15E
頑張るぞ〜!おー!

くされます。

312F961F-11D7-4BE8-BA85-C644E272A98Cいきなりすみません。
かなりお久しぶりですが今回は日記に記したくなりましたもので
こちらから失礼いたします。
最近はというと、井手蒟蒻店のInstagramで蒟蒻とはあまり関係の無いことを
投稿して近況報告させていただいておりました。
主に毎日思っているたわいもない事を黒板に書いて更新したり、たべつむぎ豆腐店の注文を受けたりで、自称インスタグラマーとして、フォロワー様を着々と伸ばしておりました。←(ウソ、だいぶ伸び悩んでおります。もっとフォローしてくださいねーお願いしますよー笑)
さてさて、日記のタイトルですが、毎日黒板で数字の語呂合わせで黒板を書いてます。9.3.0で腐れます。

蒟蒻の賞味期限ってみなさん知っていますか?
こんにゃく業界では一般的に普通の板こんにゃく、糸こんにゃくで90日。約3ヵ月期限を設けています。
「なんで、蒟蒻は持つとね?何か(防腐剤)入ってるとやろ?」とかよくある質問なんですが、実の所は
灰汁水といって、蒟蒻の凝固剤を水に溶かした水溶液を蒟蒻に入れてパック包装しています。これは、うちのやり方なんですが昔ながらのやり方です。灰汁水を入れた蒟蒻を包装した後に加熱殺菌をする事で賞味期限が3ヶ月設けることができます。つまり、アルカリ性の蒟蒻が一番居心地の良いお風呂に浸かっているイメージで想像できますかね?アルカリ性に保つことがキモなのです。
もしも、上手く包装できなかったりすると蒟蒻も直ぐに腐敗してしまいます。
蒟蒻を保存する際にとても重要な役割を果たしているのが包装する事なのです。
包装する際に使うのが包装機です。
その包装機が丁度1週間前に故障しました。
そうです。いでこん大ピンチ!なのです。
父の代から使っている26年選手。メーカーに問い合わせた所、シーケンサーという部位がヤバいらしく、取りあえずその部分を送って下さいと。直ぐに郵便局へ。月曜日祝日だから火曜日着で。
その間、親戚の同業者にお願いして、包装機をお借りして蒟蒻の袋詰め。
火曜日のメーカーからの返答はあっさりと「シーケンサー壊れてますねー。」とのことでした。
ガーン!
シーケンサーって機械の脳みそのところなので、部品代も結構なもので、かといって
新しい機械は桁がちがうし。結局、部品を送ってもらってこちらの電気工事やさんに取り付けてもらう事になりました。待つと長い。昨日、やっと届いたシーケンサー。36C689F1-CCCF-4856-BC44-154E22C05C8F
届いたのが、15時すぎ。そこから、電気やさんが取り付け開始。
新たな取付作業とかがあったりして、途中に助っ人さんが1人増え2人ががりで気付けば21時過ぎ。
取り付け完了、いざ試運転するも、、ピクリとも動かない。
、、、終わった。

「明日また、違う者が来ますので」といって帰っていかれました、
井手こんに暗雲が立ち込めまくった土曜のよるー♪でした。
アヤノ母さんのため息。
きつかったなぁ。
半端なかった。

そして、日曜日の朝がやってきた。

ピンチヒッターの電気やさん。
正直、ごめんなさいだけど、期待はしてなかった。
一応、昨日の作業内容をお伝えして、ここと、ここを、代えられてましたよ。

ん、おじさんが動きが一瞬止まった。
「まさか、これじゃなかろうね」とブツブツいいながら。

ポチっと、触ったとたん
ピクリともしなかった包装機のベルトコンベアが動き出したー。

なんか、素敵すぎる日曜日のあさーやん!
みんな、バンザーイ心の中で10回はやってたんじゃなかろうか。^ ^

ということで920A7DA6-2C0F-45DC-A77C-703FEFE9446C
包装機復活致しました!
万津町内に広まった井手蒟蒻包装機故障問題。
みんな、心配してくれていたので先ずはヒイラギのはねさんに治ったのご報告。
ご心配をおかけしました!

今回の故障で感じたのがやっぱり神さまは居るんだなぁと。
たぶん、一度立ち止まらせてもらうことで、気づかされることがある。
当たり前なことなんて1つもなくいろんな人の助けがあって、自分たちは進んでいけるのだと。
同業者なのに、機械を貸してくれたり、夜おそくまで腹減った〜と言いながら作業をしてくださった電機やさん。
走って届けてくれたヤマトさん。

機械が動くって素晴らしい。

明日も蒟蒻が作れるぞー

さぁ、今年ラスト3ヶ月。

蒟蒻作りに精進だー

おとうふ1丁、こんにゃく1丁

みなさんこんばんは!

毎日、寒い日々ですが、風邪などひかれてませんか?
あったかくされてくださいね。
さて、ここであったかいお知らせです。日記より失礼します。

井手蒟蒻店では毎週金曜日にたべつむぎ豆腐店さんの
おとうふの販売を昨年9月より完全予約制ではじめました。(毎週火曜日がご注文申し込み期限)

何でか?(蒟蒻屋がとうふ売るの?)というと
只々、こちらのお豆腐が好きでご近所さんにも
食べて貰いたくて始めました!

もともと、毎週金曜日にわざわざ家に配達してもらっていたものでどうせなら重尾まで買いに行くの大変だなという方に井手こんに買いに来てもらえたらと思った次第であります。

今、どこも同じような感じだと思うけど、
町の豆腐屋さんとかこんにゃく屋さんとかが激減しています。時代だと言ってしまえばそれまでかもしれないけど、昔は馴染みのお店があって、それこそ、マイ鍋持ってって買っていたとか、こんにゃく屋さんは
今はほとんどパックされているけどハダカの蒟蒻をその場で突いてもらったりしていたとかさ。(いでこんは今でもできるよ。)
まぁ、何かそういうやり取りがあったかくて良いなぁ
と思うわけですよ!♪( ´▽`)

今はさ、AIって言うのかな?
そのうち、機械のレジのお姉さんと馴染みになっちゃうかもね…笑

あっ、そうそう、たべつむぎさんのお豆腐のパック返してもらうと10円返ってきます。
お豆腐買ってくれた方の小学生のお子さんがパックをにこにこしながら返しに来てくれるんですよ!
多分、お小遣いになるのかな?

何か、良いなぁそういうの♪( ´▽`)

という訳で本日16日火曜日中にご注文くださいませ。

「おとうふ1丁、こんにゃく1丁」
CE15F7A5-4BB1-411D-80D0-0B1D65A1C3C3
写真 たべつむぎ豆腐店店主