ホーム > 日記 > 2015年

夏休みの宿題

image
8月31日、小学生の時いつも泣きそうになりながら宿題やってたコトを思い出す。
夏休みの宿題といえば、自由研究や読書感想文、あと絵も描いたり、あー思い出すだけで泣きそうだ。 読書感想画なんて読んでもいない本を題名から想像して、いや、題名をそのまま絵にした。みたいな。工作は爺ちゃんに作って貰ったりして、そうゆうのに限って入選したりするんだよね^ ^ 思う事はただ一つ、早くからやっとけばよかった。とね。
この夏、井手こんに東京からある人がやって来てくれた。その方は食堂を1人で切り盛りされてる方で生粋の江戸っ子。明るくて向日葵のような人でした。
10月に井手こん近くのとあるお店でイベントする事になってて、ご縁あって井手こんも仲間に入れて貰うことになりました。イェイ。その打ち合わせの時に井手こんを料理してくれて、もー、思い出すだけでテンション上がるんです!
これ、本当に井手こん?みたいな^ ^まぁーお楽しみに~
イベントは4人でやるんだけど、それぞれがstep upしないといけないよねーとなって、何か新しいことをしよう!となりました。
宿題が2つあって、一つはコラボ蒟蒻。こちらは何とか形になりそう。
二つは新生井手蒟蒻。この自由研究的な宿題が中々難しい。
後々泣かんでよかごと、がんばろ。

あっ、写真の絵は小2の読書感想画。たぶん、「猫かぶり小学校」って題名っだったんだろうね。はい、酷いです。笑

短パン買ったよ!

親父になって今日で24日目。
正直、まだぼんやりとした感覚しかない。里帰り出産だったから実際にいっしょに居た時間は2日半くらい。LINEで送られてくる写真を見てるが顔が日々違った表情だから少し戸惑う。親父ってなんなんやろう?ってふと考える。
父親(チチオヤ)って言うけどおっぱい出る訳でもないし、親父の役目とは?と…
多分、存在?なんじゃないかと、24日目にして思う。
僕の親父は今年70才。
image2015/7/4
日々の日課として佐世保の町を一周ぐるり約20kを短パン姿で自転車で爽快に走っている。
たまに、2周まわってる。40kだよ。
どうかしてるぜぇ!って叫びたくなる。笑
ハッハーわかったぞ!
親父(←僕の)はオヤジという存在感を僕に見せつける為に、仕事は放ったらかしでグルグル佐世保の町を回ってるんだなぁ。俺はまだまだいけるぜぇ〜的な。
それやったらいいよ。仕事はボチボチでも。
その代わり、頼むから長生きしてくれよ!^ ^

俺も見習うよ。
短パン履くよ。

夢じゃなかった!

朝眼が覚めると昨日の続きだった。
昨晩、嫁さんの実家のこたつでiPadに取り込んだ写真を酒の肴にしてニヤケながら
2本目のビールを半分くらい飲んだところで寝てしまっていた。
飲みかけのビールを一気に飲み干して写真を確認した。
夢じゃなかった!
image
こんなにしあわせな朝はない。
昨日、3188gの男の子が長い時間をたえて僕らの元へやってきてくれた。
抱っこした時の何とも言えない感覚は一生忘れないであろう。
とてもとても温かい気持ちになったのと同時に自分もこんなふうに抱っこされたのかと思うと
うれしくて仕方なかった。
ありがとう!しかでてこなかった。
本当にありがとう!
そうだ!お礼参りにいこう。

ぎっくりは突然に、、、

こんばんは。
お久しぶりの日記こうしんです。
みなさんお元気ですか?僕はと言いますと、、、まぁ、元気なんですけど、、、
つい先日、腰がやられちゃいまして「ぎっくり腰」が突然やってきてくれました。
初めてでは無いんですが、今回はド派手なやつでして、お客さんの車までこんにゃくちゃんを運んでいましたところ、抱えようとした時、キィーンと電気が走りまして
お客さんの目の前で崩れ落ちた次第であります。苦笑。
思わず「無理ー」って言っちゃいました。悪かったなぁーご心配おかけしました。
ちょうどその日は、里帰りする妻に付き添う日だったんですが、整骨院行ったり、コルセット巻いたりして何とか送ることができました。(実際は付き添われた感じでしたが。笑)

月(にくづき)に要(かなめ)と書いて腰。
腰は体の要だとつくづく思う今日この頃です。
ぎっくり腰って、いろんな事が重なってやって来るんじゃないかと思います。
もちろん疲れが溜まって、限界を通り越したとき。あとストレス。
image
近い将来、親父になります。
たぶん、プレッシャーからかな、頑張らなあかん!と空回りしている僕に天からの
忠告だったのかなぁ。「まぁ落ち着きなさい。一度ゆっくり休みなさい」と言われてる気がします。
大変な時とは大きく変わる時だと、高校の先生をやってる友達が言ってたな。
大きく変わる予定の井手こんをあたたかく見まもりくださいませ〜

ボチボチ頑張るぞ〜
ボチボチだけど。

Spring has come !

真っ白なお正月から、早いね〜もう、春がやってこようとしている。
どんなに寒い冬も、必ず桜色の春が迎えに来てくれるのは嬉しいね。

つい先日、地元の市民音楽祭があって、同時開催のマルシェに出店した時の事を少し。井手こんは出店するのは今年が2回目。ちょうど1年前の時は地元の広報誌の表紙に載せてもらった事もあってなかなかの手応えを感じた。今年もおかげさまで、完売することができたんだけど、残り1個となった時、最後のお客さんが言った言葉が
冬だった。凍えた。
にこにこと笑顔で お客さま「いつも買ってるよ〜」
勿論最高の笑顔で 井手こん「ありがとうございまーす☻☻☻!」
井手こん「どこで買ってもらってるんですかね〜?」
お客さま「◯◯ナで…」
井手こん思わず「それ違ーう!」言ってしまった。汗。
とっさに、もしもこのお客さまが本当に井手こんの事を思って買ってくれてるとしたら大変だ。誤解をとく必要があると思ったんだろうね。
別に絶対うちのを食べてとは言わないし、俺が1番だとも思ってない。
ただ、今できる1番のものはつくっている。お客さまにお金を頂く以上は最高のもので返さないと失礼だもんね。
今回の事で、伝えること、伝わることの難しさを学んだ。
まだまだだなぁ〜〜井手こん。

自分の最高があっさり覆されたなら、もう、笑うっきゃないね^ ^
一生懸命やって駄目なら一笑懸命笑うしかないね。
他人に笑われるくらいなら自分で思いっきり笑ってあげようよ。
image
笑う門には福来たる。
どんなに寒〜い冬も笑ってたら、福と一緒にあったかい春がやってくるよ!
きっとね^ ^

井手こん元年

image
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
2015年もどうぞ宜しくお願いいたします^ ^

皆さん、お正月休みはいかがでしたか?
井手こんはと言いますと嫁さんの実家で、お母さんの手作りお節を頂きながら
ゆっくり、のんびりとしたお正月を過ごす事ができました。
(何にもしないという贅沢↑↑↑)
京都市内は61年ぶりの積雪とかでみるみるうちに積もって真っ白な元旦はとても心踊りました。

新年になると、気分も一新し、何かがんばろう!という気持ちになります。
今年は井手こんのまわりだけで新しいお店をはじめる友だちが3人もいます。
なんだか今からワクワクです〜
井手こんは今年2年目に入ります。もう、1年目やし、、、という言い訳は通用しなさそうですので(笑)動き出す友だちに便乗して井手こんも始動します。

今、思い描いてるだけでいくつかあります^ ^
こんにゃくのイベント?豆腐屋さんとのCubでの移動販売?県外での出張販売?
^_^まあまあ、井手こんらしく行けたらと思います。
真っ白な雪のように、1度頭の中を真っ白にして何も考えず動き出せたらと思います。
さぁ!井手こん元年、始動だー☻☻☻